着物大好き!アラ還ひろよの普段着着物生活

昔ながらの普段着着物が好き。おばあちゃん達が着ていたようなこなれた着こなしが目標。お金をかけないでファストファッションみたいに着物を楽しんでるアラ還。兵庫県伊丹市在住。

いつの頃から着物は「買わされるもの」になってしまったのか

一部の呉服チェーン店や着付け教室では
展示会に行くと買わされてしまうという
話を聞きます。


昨日の呉服チェーン店での展示会でも
着せつけしてもらってたら

買うと言っていないうちに
なぜかお値段の話になり


通常はこの価格なんですが
勉強させてもらって〇〇円になります。
な〜んて言いだす始末。


あの〜、私、買うって言ってませんけど。

 

それって

ロシアンセーブルのロングコート

通常1000万円のところ、

なんと500万円‼️

安いでしょ?って言ってるのと同じ。


そのうち、
こんなに似合っておられるのに
もったいないみたいな、
そうでなければこんなおススメはしないとか
あなただから的なプッシュをかけてくる。


忘れてもらっちゃ困るんだけど
買うのは私。
買うかどうかを決めるのも私。


どんなにステキな着物でも
どんなにレアな品物でも
それを私が気に入ったとしても


買うかどうかはまた別の話なのだ。


挙げ句の果てには分割できますよと来た。
ジャパネットたかたじゃあるまいし(笑)


私はユニクロジーンズを買うように
着物を買って毎日着たいのよ。
そんな高価なのが欲しいんじゃない。


どんな風に着物を着るかは私次第。
お店の人や作家先生がなんと言おうと
関係ないのだ😁


展示会に誘われた時に
「貢献できませんから」と言っていた。
着物着た人がお店の人以外にもいた方が
賑わってる感があっていいかなと思って
仕事の帰りにわざわざ寄ったのにこれ?


結局、私はただのカモだったのかと思うと
なんだか悲しい気がする。


お誘いいただいてありがとうございました。
もう二度と行きませんよ、〇尾呉服さん。

 

あ、粗品はありがたく頂戴しましたよ😊