着物大好き!アラ還ひろよの普段着着物生活

昔ながらの普段着着物が好き。おばあちゃん達が着ていたようなこなれた着こなしが目標。お金をかけないでファストファッションみたいに着物を楽しんでるアラ還。兵庫県伊丹市在住。

子供の目線で

昔から私の周りにはなぜか
私の言い分を聞いてくれない人
ばかりがいた。

悩みを打ち明けるとすぐにそれは
こうした方がいいよと言われた。
そうなったのは私が弱いからで
だからもっとがんばりなさいと。

私はそんなことが言って欲しくて
話をしたわけじゃない。

ただ聞いてほしかっただけ。

うんうんとうなずいて聞いて
よく今まで頑張ったねと言って
欲しかっただけなのに。

相手は良かれと思ってアドバイス
してくれていたんだけれど
それは私にはプレッシャーでしかなかった。
お前が悪いと言われているのと
変わらなかった。

私はおとなしい子で
学校の帰りによくカバン持ちをさせられた。

本当はイヤだったけど
仲間はずれが怖くて仕方なくやっていた。
そのことを親に言ったらその子たちに
嫌だと言えと言われた。

それができるぐらいなら苦労はしない。
私の気持ちは分かってもらえない。

親は私にそういうだけで何もしなかった。

その子たちにもその親にも。

私は親にとって大切な存在じゃないんだと
悲しくなったのを覚えている。

今から考えれば

親は親なりに私のことを愛していたのだろう。
ただそれは私の望んでいたものとは違った
ということなのだろうと思う。

うちの親には壊滅的に子供目線がなかった。
だから私の言っていることがわからなかった。
別に悪気があったわけではない。
ただそうだったというだけ。

f:id:aojirutounyu:20171217121527j:plain