着物大好き!アラ還ひろよの普段着着物生活

昔ながらの普段着着物が好き。おばあちゃん達が着ていたようなこなれた着こなしが目標。お金をかけないでファストファッションみたいに着物を楽しんでるアラ還。兵庫県伊丹市在住。

生い立ちから離婚まで

私は鉄道員の父と専業主婦の母
12歳年上の姉との4人家族の家に生まれる。
 
何でもそつなくこなす姉といつも比べられ
姉にはどんくさいだのブスだのと言われて育つ。
 
※「どんくさい」とは関西弁で鈍いとかグズとかいう意味。
 
父も母も姉も継母に育てられた人だったので
私のことを「両親が実の親だからいいよね」
みたいなことを言われていた。
 
子供の私にとってはそんなこと知ったこっちゃない。
 
当たり前のことを羨ましがられてもわからない。
 
それよりも「お姉ちゃんはかわいそうだから」と
何かにつけて優遇されていたのが気にくわなかった。
 
そのくせ未熟児で生まれたからか
私に対して両親はうっとおしいほど
束縛してくるので息苦しかった。
 
親の束縛から逃れたくて24歳の時お見合いで結婚した。
 
 
この人なら私を自由にしてくれると思った。
 
でも、今考えたら
 
希望を伝えていたにもかかわらず
 
姑の意見を通して
私には何も言わずにエンゲージリングの
デザインを変えたあの人のことを
結婚する前に見限っておくべきだった。
 
すごくショックだったのに何も言えなかった。
悲しすぎたのかもしれない。
 
 
出産した日は忙しいからと病院には来なかった。
 
赤ちゃんの入浴も
私は主人にしてほしかったのに
殆んど姑が来ていた。
 
でも私たちのために頑張って
仕事をしているんだからと
不満があっても我慢した。
 
何があっても実家に帰りたくなかったから。
 
子供が小学5年生の時に不登校になった。
 
私にとって天と地がひっくり返るほどの大事件で
もうどうしていいのかわからないときに
主人はこう言い放った。
 
「あんただけのせいやとは言わんけどな」
 
なにそれ?
 
私のせいやって言ってるやん!
 
自分は何にも関わりがないってか?
なに言うてんの、この人は!?
 
むっちゃ腹が立った。
 
今はどうか知らないけど
子供に何かあるといつも
母親のせいだと言われていた。
 
母親の育て方が悪いからだと。
そういう風潮があった。
 
あの~、子育てって
母親だけがするもんなんでしょうかね~。
 
なんでそういうことになるのよ。
 
子供は私一人で作ったんじゃないんですけど。
育てるのは母親だけっておかしいでしょ。
 
そのうち精神科に連れていけなんて
言い始める始末。
 
自分の子供をおかしいって思ってるわけ?
あんた父親としてどうかしてるよ。
 
そう思いながらも逆らったらアカンと
仕方なく精神科へ連れて行った私。
 
バカな母親。
 
このころから夫婦の間に亀裂が出来てきた。
当然といえば当然の話。
 
 
 
子供が不登校になって何年か経ったある日
些細なことで主人がブチ切れて家を出ていき
1ヶ月ほど帰ってこなくなった。
 
始めはどうしたんだろうと思っていたが
そのうち帰ってこないほうが
居心地がいいことに気づいた。
 
いないほうがいいじゃん。
いなくていいじゃん。
 
1ヶ月して主人は帰ってきたが
その時にはもう気持ちは決まっていた。
3人で家を出ようと。
 
それから引っ越しの予約をして
気づかれないように少しづつ荷造りをして
段ボールは子供の部屋に置き
 
市内にアパートを借りて主人に内緒で引っ越した。
食卓に「探さないでください」とだけ書き置きして。
 
それでそのまま離婚。
 
一度も顔は合わさず。
 
で、今に至るわけです。
 

f:id:aojirutounyu:20171210202747j:plain