着物大好き!アラ還ひろよの普段着着物生活

昔ながらの普段着着物が好き。おばあちゃん達が着ていたようなこなれた着こなしが目標。お金をかけないでファストファッションみたいに着物を楽しんでるアラ還。兵庫県伊丹市在住。

ゲームなんかと言わないで

朝5時ごろに目が覚めてそのあと2度寝してしまった。
 
夕べおそくまで布団の中でキャンディークラッシュしてたから
眼が冴えて熟睡できなかったんだろうな~。
 
おかげで目がパキパキになってる。
 
ふだんから仕事でも家でもPC使ってるんだから
少しは目を休めさせてあげないと。
 
そうは思っていてもやっぱりゲームは楽しい。
何度もチャレンジしてクリアできた時の達成感がいい。
 
スマホアプリで「キャンディークラッシュ」と検索すると
何種類かゲームが出てくる。
 
これは固有名詞ではないらしい。
 
一番有名なキャンディークラッシュをやってみたが
難しくてちょっとやって挫折。
 
もう一つの方でやってたんだけど意外にイケル。
面白くてどんどん進めていたら最後まで行った。
 
279まで行ったらもう次はなくて
だからといって別にエンディングもなし。
続きを今作ってるんだろうか。
 
「おめでとう!」とか見たかったな~。
 
私にとってゲームをするというのは
意外にリフレッシュできることなんだよね。
 
ゲームやってるときは集中してるから
他のこと考えないもんね。
というかほかのこと考えてたらゲームオーバーになる(笑)
 
ただ、これには問題点もあって
ゲームは頭のリフレッシュにはなっても
目のリフレッシュにはならないってこと。
 
そりゃそうだ、ブルーライトずっと見てるんだから。
目薬をさすぐらいしか解決法はないのかな。
またググってみよう。何か出てくるかも。
 
そういえば昔、子供が小さかったころには
子供がゲームばっかりしていて心配した。
 
でもよく考えてみるとそれはおかしなことだ。
ゲームばっかりしていたって誰にも迷惑かけない。
 
それで勉強がおろそかになったならその時子供に言えばいい。
だいたい勉強ができなかったからどうなるんだ?
 
そのとき学校の成績が悪くなるだけだよね。
気が済むまでやったら卒業するよ。
 
ダメだダメだというから余計にやりたくなるんだよ。
 
私も子供にダメダメ言ってたほうなんで
えらそうな事は言えないんだけど(笑)
 
以前子供がRPGをしているというので
今どんな感じか聞いてみたら「めんどくさい」と言う。
 
なにが?と聞いたら
 
「決まったところでキーマンに出会わないと次へ進めないし
あるイベントをこなしてからでないと進めないところもある。
 
ある程度経験値を積んでからでないとすぐにやられちゃうので
経験値かせぎで戦闘の数をこなさないといけない。
 
武器や防具も揃えないといけないし、それにはお金もいる。
仲間を誰にするかでチームの力も変わってくるから
チーム編成も考えないといけない。
 
結構大変なのよ~。」とのこと。
 
へえ、かなり頑張って研究しないとクリアできなさそう(^^;)
そういえばRPGには攻略本っつーものがあったね。
 
それだけ集中力があれば学校の勉強だってできるよ。
人間、自分の興味のあることなら頑張れるんだよね。
 
 
ゲームは実生活に役に立つし、リフレッシュにもなる。
だからゲームばっかりしていてもいいのだ。
 
これが私の結論。
 
「携帯ゲーム」の画像検索結果